• 包茎を解消したい

    包茎の種類

    包茎は日本人の3人に2人がなっていると言われ、確率的にとても多い人が悩んでいる問題でもあります。

    3つの種類があり、日本人に1番多い方系となるのが、仮性となります。仮性は勃起時には自然に亀頭にかぶっている皮がむけ、体に特別何か影響がある訳ではありません。次にあげられるのが真性です。真性は、勃起時も皮がかぶっており、ペニスが癒着している場合もあるので、手術が必要となる事もあります。

    一番問題なのは、カントンで、これはすぐにでも手術が必要となってしまいます。仮性と一緒で、皮を剥く事は出来るのですが、剥いた後に皮が戻らなくなる為、最悪の事態を招いてしまうのです。

    包茎の原因

    日本人に3人中2人が発症してしまいますから、原因なんてないのではないかなと思う方も多いかもしれませんが、絶対に原因があります。 皮が長かったり、ペニスが小さい事が原因となってしまいます。

    簡単に説明を行うと、真性だった状態から、成長と共にペニスが大きくなり、剥ける様になり、仮性状態となる。

    vその後、成長と共に、ペニスも大きくなり、全部皮がむけ、包茎でなくなるのですが、成長の段階でペニスよりも皮が長かったり、ペニスの成長が行われずに小さく、皮がむけなかった場合に、成人しても皮がかぶったままの状態になり、剥けないままの状態が続いてしまうのです。

  • 包茎を解消したい

    解決方法

    仮性の場合は、若い時のオナニーのし過ぎが原因となる可能性があります。

    オナニーのし過ぎで、ペニスにいくはずのホルモンが性欲の方に行ってしまい、ペニスの成長を妨げてしまうのです。ペニスの成長を妨げるという事は、皮よりも短いペニスが完成状態となってしまいます。ペニスが完全に成長した後に、皮がかぶっている状態を解決したい場合は、手術が効果的です。

    しかし、仮性包茎の場合は、手術が保険適用とならない為、多額の費用が掛かってしまいます。それに比べ、完全にかぶった状態のままになってしまう真性や、カントンの場合は、保険適応となるので、手術も率先して行う事が出来ます。

    自分の包茎の種類が何か分からない方は、一度病院を受診する事を強くオススメしますよ。しかしたら、保険適用で悩みと別れを告げられるかもしれないのですから。